HTML 言語属性

最終更新日
金曜日 13日 5月 2022

lang html

HTML 言語属性

一般的な例としては、英語の場合は en、スペイン語の場合は es、フランス語の場合は fr、韓国語の場合は ko、日本語の場合は ja、ロシア語の場合は ru などがあります。

定義

lang 属性は、要素の言語を定義するのに役立ちます。lang 属性はグローバル属性であり、任意の HTML 要素で使用できます。

基本的で最小限のHTML構造

	<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
  <head>
    <meta charset="UTF-8" />
    <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" />
    <meta name="viewport" content="width=devicewidth, initial-scale=1.0" />
  </head>

  <body>
    <h1>My First Heading</h1>
    <p>My first paragraph.</p>
  </body>
</html>
	

lang 属性の値は ja です。これらの要素属性は、ドキュメントの言語を指定するため、非常に重要です。

html lang

	<p lang="en">Hello World</p>
<p lang="es">Hola Mundo</p>
<p lang="de">Hallo Welt</p>
<p lang="fr">Bonjour le monde</p>
<p lang="pt">Olá Mundo</p>
<p lang="ja">こんにちは世界</p>
<p lang="ru">Привет, мир</p>
<p lang="ko">안녕하세요 세계</p>
	

body lang

手記:lang のデフォルト値は不明であるため、lang 属性を適切な値で指定することを常にお勧めします。

	[lang='fr']::before {
  content: '(Hello World in French) ';
}
[lang='ja']::before {
  content: '(Hello World in Japanese) ';
}
	

ブラウザのサポート

属性 Chrome Edge Mozilla Safari Opera
lang はい はい はい はい はい