Ads by ProfitSence
Close

HTML 言語属性

Last Updated on 日曜日 9日 10月 2022

lang html

HTML 言語属性

一般的な例としては、英語の場合は en、スペイン語の場合は es、フランス語の場合は fr、韓国語の場合は ko、日本語の場合は ja、ロシア語の場合は ru などがあります。

定義

lang 属性は、要素の言語を定義するのに役立ちます。 lang 属性はグローバル属性であり、任意の HTML 要素で使用できます。

基本的で最小限のHTML構造

			
					<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
  <head>
    <meta charset="UTF-8" />
    <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" />
    <meta name="viewport" content="width=devicewidth, initial-scale=1.0" />
  </head>

  <body>
    <h1>My First Heading</h1>
    <p>My first paragraph.</p>
  </body>
</html>

			
	

lang 属性の値は ja です。これらの要素属性は、ドキュメントの言語を指定するため、非常に重要です。

html lang

			
					<p lang="en">Hello World</p>
<p lang="es">Hola Mundo</p>
<p lang="de">Hallo Welt</p>
<p lang="fr">Bonjour le monde</p>
<p lang="pt">Olá Mundo</p>
<p lang="ja">こんにちは世界</p>
<p lang="ru">Привет, мир</p>
<p lang="ko">안녕하세요 세계</p>

			
	

body lang

**手記:**lang のデフォルト値は不明であるため、lang 属性を適切な値で指定することを常にお勧めします。

			
					[lang='fr']::before {
  content: '(Hello World in French) ';
}
[lang='ja']::before {
  content: '(Hello World in Japanese) ';
}

			
	

ブラウザのサポート

属性 Chrome Edge Mozilla Safari Opera
lang はい はい はい はい はい